ボトックス注射を受けよう【確実な効果を得ることができる】

悩みが簡単に解決します

看護師

簡単で安全なプチ整形

ボトックスはボツリヌス菌という細菌に由来する薬で、正式な名称はボツリヌストキシンと言います。脳からの指示を伝達するアセチルコリンという物質の働きを抑制することにより筋肉等の動きを止める作用があります。美容整形でよく使われるボツリヌストキシン薬には大きく分けて3つの種類があります。まず、一番代表的なものは、アメリカのアラガン社のボトックスビスタです。これはボトックスという名の由来にもなったもので、日本の厚生労働省の承認も受けていますので、安心して利用することの出来ます。比較的新しいものでは、ドイツのメルツ社のゼオミンというものがあります。この薬の特徴は不純物が非常に少なく高純度であるということです。ボトックスの利用方法としては、数か月おきに、何回か繰り返して注射をすることでしっかりした効果を出していくことが一般的です。その際、不純物が少ないほど、繰り返し使用しても効果が落ちにくいので、継続して確かな効果を得るためには有効な薬です。比較的安価にボトックスの効果を得ることが出来るものとしては、韓国の製薬会社のリジェノックスやニューロノックスというものがあります。価格はお手頃ですが、美容大国韓国の食品医薬品安全庁の認可を受けているので、利用する際に心配する必要は全くありません。それぞれに特徴がありますので、ご利用にあたっては医師とよく相談することをお勧めします。ボトックスを使用する美容整形には様々なものがありますが、その中で一番ポピュラーなものは小顔の施術でしょう。ボトックスが筋肉の動きを止めることで、動かなくなった筋肉が次第に痩せていく効果を利用したものです。施術そのものはエラの咬筋という厚い筋肉に、ボツリヌストキシン薬を注射するだけの非常に簡単で安全なものです。術後数日かけて効果が出始め2か月程で完成形に至りますが、その後、薬剤の効果が弱まるにつれて咬筋の動きが回復してきますので、また次第に元に戻っていきます。ただし、咬筋は100%回復することはないので、施術を数か月おきに4-5回繰り返すと、その後は、半永久的に小顔を維持することが出来ます。小顔以外のボトックスの活用法としては、筋肉の動きを止める作用を利用したものには、額や眉間の表情しわの改善施術があります。小顔と同様に、筋肉を痩せさせる効果を応用したものには、ふくらはぎを細くする施術があります。ダイエットやエクササイズではなかなか痩せてこないふくらはぎも、ヒラメ筋にボツリヌストキシン薬を注射するだけで期待通りの部分痩せを実現することが出来ます。また、ボトックスは筋肉だけではなく、汗腺の働きを止める作用も持っていますので、多汗症の治療にも利用されています。なかなか自分の努力では解決が難しい体の様々なパーツの調整が、ボトックスを利用すれば非常に簡単にしかも安全に実現することが出来ます。

Copyright© 2018 ボトックス注射を受けよう【確実な効果を得ることができる】 All Rights Reserved.